生まれつき乳輪が大きい。小さくすることはできる?

乳輪が大きいことで悩んでいる女性は案外多いようです。

個人差があるとはいえ、やはり少しでも小さくしたいと思うものです。

なぜ乳輪が大きくなるのか、その原因を探っていきましょう。

乳輪を小さくする方法や乳輪を大きくさせないための方法などを一緒にご紹介します。

 

どうして乳輪が大きくなるのか

あくまでも一般的な平均値ですが、日本人女性の乳輪の大きさは直径が35ミリから40ミリと言われています。

なぜ乳輪が大きくなるのかというと、乳輪はメラニンによるものなので肌ストレスが原因であることが分かっています

 

乳輪の肌ストレスと言われてるのはブラジャーや下着との摩擦のほか、乾燥することで発生するかゆみ、ホルモンのバランスが乱れることも要因と言われています。

乳輪の大きさに個人差があるのは、成長時期に乳輪が大きくなりすぎることもあります。

乳房が成長するよりも早く乳輪が成長したことが原因のひとつです

 

乳輪を小さくする方法

一番簡単に始められる方法は黒ずみの色を薄くするお手入れです

乳輪が大きいと乳房の色と違いが大きすぎると目立ってしまいます。

そのため、乳輪の色を薄くすることで目立たなくさせるためにお手入れを続けるのです。

乳首のお手入れ専用のクリームが開発、販売されています。

 

美容皮膚科で治療を受けることで色素を薄くすることも出来ますが、クリームを塗るよりも早くキレイな色に仕上がります

いくら美容皮膚科と言っても不安がぬぐえないという場合は、先ほどお話したお手入れ専用のクリームを毎日のケアとして塗ってみましょう。

美白成分だけでなく、乾燥から守るための美容成分もたっぷり含まれています。

 

予防すれば乳輪が大きくならないってホント?

予防のひとつに先ほど話したお手入れ専用のクリームを使うことがあげられます。

美容成分によって潤いを与えることが出来ますから、乾燥から守ることが出来ます。

結果的に肌ストレスから守ることが出来るので、黒ずみが出来にくくなります

 

また、肌ストレスの要因のひとつと言われている摩擦ですが、自分のバストサイズに合ったブラジャーを付けることで摩擦を減らすことが出来ます。

もう一度自分のバストサイズを測って、クローゼットにあるブラジャーが本当に自分のバストサイズにあっているのかどうか確かめてみてください。

 

あとはストレスをためないことや、栄養バランスの取れた食事を取り入れることも大切です

健康な体は新陳代謝が良くなります。

肌表面の古い角質がどんどん新しい皮膚に生まれ変わっていくので、乳首の黒ずみもどんどんキレイになっていくでしょう。

乳輪が大きい悩みはこのように生活習慣を変えることで悩みが解決できますから、あまり深く悩まなくても大丈夫です。